ようこそ、山﨑豊文税理士事務所 やまさん行政書士事務所へ

居住用財産の譲渡

居住用財産の譲渡

前提
 夫が所有していた土地の上に、妻の所有する建物があり、夫婦でこの家屋に居住していました。
 この居住用不動産を譲渡したところ、土地については譲渡所得が発生しましたが、建物については譲渡損失となりました。

税務上の処理
 譲渡家屋の所有者がその譲渡について、3,000万円の特別控除を受けない場合には、土地の所有者もその適用を受けることができません。
 また土地の所有者が3,000万円の特別控除を受ける場合には、家屋の所有者の譲渡損失について、繰り越し控除の特例を受けることはできません。
 したがいまして本件の場合には、夫の土地の譲渡利益に3,000万円の特別控除を受けるか、妻の譲渡損失を翌年へ繰り越すか、いずれかを選択することとなります。

powered by HAIK 7.1.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional