ようこそ、山﨑豊文税理士事務所 やまさん行政書士事務所へ

建物の贈与

建物の贈与

 建物を贈与する場合、贈与税を計算する基となる評価額は固定資産税評価額です。
 しかし、贈与する代わりに既に通知を受けた固定資産税の納税の肩代わりを条件とした場合、負担付き贈与として建物の時価による贈与となります。また、贈与する側にも譲渡所得課税の問題が生じます。
 少しの違いで大違いとなりますので注意が必要です。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional