大阪府寝屋川市の税理士事務所 freee Zoomにより全国対応

知的財産基礎研修

知的財産基礎研修

 行政書士会主催の研修に参加しました。

 特許権と実用新案権の内容でした。

 特許権は出願しただけでは公開されるだけで、権利を取得することはできません。

 3年以内に「審査請求」をしなくてはならず、これにより審査が開始され、審査庁より拒絶されずに済んだ場合で、特許料を支払って初めて特許権が発生します。相当長い期間を要します。

 これに対して実用新案権は、出願と同時に登録料を支払い、2~3カ月で登録となります。

 雲泥の差があるのです。

 

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional