大阪府寝屋川市の税理士事務所 freee Zoomにより全国対応

消費税の3区分

消費税の3区分

 その課税仕入れが、課税売上に対応するものか、非課税売上に対応するものか、共通の売上に対応するものかを区分することです。

 この3区分を明らかにする方法については、限定されていません。

 取引を会計ソフトへ入力する際に、課税仕入れのどれに該当するかの入力をするのが適当と思われます。

 その判断基準は合理性が求められていますので、判断に迷う時は、税理士に相談するようにしましょう。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional